忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
二回目。

さて、まだ書いてなかったMalajubeと1990sのライブ感想でも書きましょうかね。というか既に数日経過しているため、だいぶ記憶の新鮮味が欠けてまして、思い出しつつです。ちょっとヤバイな。

とりあえず、割とギリギリに会場に着いたのですが、開場してしばらくしても全くお客さんが居なくて冷や冷やしました。でも結局かなり入ってたな。

まずMalajube。照明落ちて「今から・・・!」という緊張感を「We Are Not Ready...Haha」という一言で見事にぶち壊すというマイペースぶりがナイスでした。確か最初は「Casse-Cou」(まじでスロー)で、最強なKYぶりでナイスだと思いますよ(笑) ノリで客ごころを掴むなんて野暮なことはしないようで。でも、ライブだとグッと違う息の合った演奏で、特に盛り上がる部分はよくもこうピタリとくるなぁという印象。
とにかく最高なのは、キーボードの人。曲で海猫みたいな声を出してる犯人は彼だったんですね!もう何かセーラー服着ちゃってたし。もう命名「海猫さん」で。あ、インストゥルメンタルのみでの演奏はちょっと鳥肌立ちそうなときもあり、かなり秀逸でしたね。でも、やっぱりあれだけ徹頭徹尾マイペースで決めるにはまだ風格というものが足りないと思いました。何というか、まだステージに立っただけで、会場がギュっと引き締まるようなオーラがない。だからダラダラやってる感じで。商業的でない、インディバンドらしさは評価したいけど。個人的にまた観たいなーという興奮は覚えませんでした。海猫さんの奇声は好きです。あとMCでメインヴォーカルの人が「君ら、湿っぽい国に住んでてラッキーだね。
マリファナが早く育つしさ」と(笑) 「weed」(雑草)と言ってたけど、この場合(?)マリファナでしょう。やっぱりカナダ人はハッパ吸ってる人口高いのかしら・・・あ、悪いイメージ固まる(笑) Malajube終了後、メンバーらしき人が真後ろにいて談笑してましたけど、確信も持てず、まぁいいかと無視しました。

続いて1990s。来日寸前にベーシストが脱退という状況に見舞われましたが、日本人の方が急遽代理で務めてました。しかも1990sのヴォーカルが「男前」と何度も云ってべた褒め(笑) 確かに男前でした。それはそうと、ライブは超楽しい!可愛い曲が、ヴォーカルのブサ可愛さと相まって、更に可愛い!一緒に歌えるタイプの曲が多いのにあまり観客の人が歌ってないのは残念。絶対楽しいのに。もっと踊ってもいいじゃん、どうしたの?ってくらい。ドラマーさんがかなり歌ってるのね!知らなかった。アンコール前まであっという間で、すぐ終わってしまった感じ。アンコールでは「タカシ(ba)が10曲しか覚えてないから、同じ曲を繰り返すけど良いかな」と(笑) 「You'd Made Me Like It」とかやってくれました。終わりに
なって本当に盛り上がったというか、何か今日のオーディエンスは全体的に元気ない感じで。年齢層も高めな気がしたけど、気のせいでしょうか。ちなみに新曲二曲やってくれて、良かったです。特に「Cookies」と違った感じもなく、あのままノリの良い曲。このバンドの良さって、どう転んでもハッピーで楽しいポップネスさだと思います。ヴォーカルが「Sweet!」って連発してたけど、彼らの方がずっっっとSweetだと思いますね!

やっぱりライブの雰囲気って観客に大きく影響されると思いました。去年に観たCursiveVelvet Teenと同じような落胆を覚えた気もします。ライブ自体はとても良かったです!特に1990sは本当も一度観たいな。

余談ですが 『終わったらみんなでバーで飲もうじゃないかー!』という予言通り(?) ライブ終了後に1990sのヴォーカルがバーにソッコーで登場したにもかかわらずお客さんたち気が付かずに通り過ぎてて『え?何?みんな帰っちゃうの?』 と少し困惑気味の彼がかわいかったのですが、私も気が付いたときは既に通り過ぎた後だったので、そのままにしてしまいました(笑) ごめん!きっと誰かが彼と一緒に飲んであげた筈・・・今思えば声を掛ければよかったな。本当気さくで良い人です。

PR
by Syamo Trackback(0) Comment(0)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック