忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
八回目。
あまりお笑いについて語る機会は無かったのですが、インポッシブルというお笑い芸人が大好きすぎて困ってます。自分の中でお笑いブームは中3あたりで終わっちゃったんだけど、久々にキテます。虎ノ門出だしたあたりからかな。基本、ニュースと深夜番組しか観ないので。

このインポッシブルというお笑い芸人、最近の深夜番組ではかなりおなじみになっていたりしますが、簡単に言えば「昆虫と戦う2人組」です。一種のパントマイムと考えればよいのかもしれませんが、声は発しています。しかし、2mに及ぶ昆虫(ダンゴムシ・カブトムシ・クワガタ等)という見えない敵と戦い続ける熱い2人です。でもね、だんだん見えてくるんですよ!確かにそこにクワガタやカブトムシがいるんです!錯覚を起こさせます。説明だけじゃ分かりにくいから、是非映像サイトで検索してみていただきたいのですが、私はこれとかオススメ。個人的に、このキワどい感じ・ギリギリさ加減は、是非とも深夜枠や劇場でとどまって欲しいオイシサ。もはや芸術だと思いますから。声を発する芸をパントマイムと称して良いのならば、先月急逝された巨匠マルセル・マルソーにも観ていただきたいくらいです・・・(断じて、冒涜ではないです) これは、『笑い』というものが、ドラマまで生む可能性を持つという、新世界に突入したと云って過言ではない。観客に有無をも云わせぬ、鬼気迫る演技(戦い)、突然出現する強靭な昆虫という非日常空間を一瞬にして作り出すという創造性、単なる『ネタ』というレベルを越えた革命です。

あ―なんでこんなに絶賛してるんだろ(笑) でも、コントと芸術の領域を縦横無尽に行き来している芸人といえば、ラーメンズなどが代表格ですよね。昔、バナナマンおぎやはぎラーメンズの三組が一つの舞台をやっていたのですが(今でもやってる?) あれは最高だった。女性誌でいわれるように、これらが「おしゃれ」かどうかは複雑ですが、「洒落て」いることは事実。インポッシブルも、この手の芸人のように品格をつけて新時代を作って欲しいです。はい、大真面目です。

♪今聴いてる曲♪
RoryTypical
音質がものすごい悪いのですが・・・好きです。合唱っぽいのってすきなのかも。「俺にも歌わせろオラ―!」感がある歌は基本的に好きです。若いな―って思います。昔のMCRってこういうカッコ悪さがあった気がする。
PR
by Syamo Trackback(0) Comment(0)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック