忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
百三十二回目。

バイト量が増えてから、体力のない私は既に限界に近く、自転車を15分全力で漕いで塾に向かうのだけど、その途中での息切れの回数は、齢二十とは思えないほど。特に駅を境に海側に住んでいる私は、駅の向こうに行くために地下道を通っていて、その坂道がとにかく辛い。通称「心臓破り」の名前にふさわしく(私しか言ってないけど)、上り坂のハードさが堪える・・・ちょうど「V」の字になっている地下道は、普段下り坂でつけた精神的な勢いと加速度で、立ち漕ぎせずに上り坂をのぼりきれるのだけど、最近は上り坂の7分目あたりでペダルを漕ぐ脚力が底をつき、止まる。面白いぐらい、ピタッと止まって、たまにそのまま下がりそうになる。人一倍無い体力を、いかに気力だけで補っていたか痛感する瞬間です。

塾から帰る時間は大体10過ぎ。地下道は車道の脇を自転車で走るけど、車も人どおりも少ないから、たまに「あ"~う"~」とか声を上げながら上り坂に挑んでる。陸上選手が瞬発力上げるために叫んでるし、ウエイトリフティングとかむちゃくちゃ叫んでるし、見習おうかと思って叫んでるんですけど、そろそろ都市伝説になりそうだから控えようと思ってます。たまに塾の帰りも余力がある時は、寄り道したり通ったことのない未開の地を自分で発見したりするのが好きだったんですけど、最近ではそんな力…残ってない…(笑)飽きっぽい性格なので、道もすぐに飽きちゃうんですけどね。

 Flicker  Flicker  Flicker  Flicker 

あ、帰り道にある近所の小鳥店は毎日チェックしてます。最近は、白い鳩なんだか土鳩なんだかよく分からない鳩が増えてます。(この記事参照) 説明しづらい店なんですけど、ケージが外に露出してて閉店しても鳩たちだけは見物できるんです。(実際、見物してるのは私一人だと思いますが) 巣は、下駄箱みたいな穴がある棚で、鳩が一匹ずつ入って寝てるのですが、鳩的にも都合が良い穴があるみたいで、取り合いをたまにしてます。その際に鳩が見せる獰猛な一面はちょっと震えがするくらい意外でした。奴もケダモノなんですね。我々と一緒です。やるときゃやるんです。でも、猫が居なかったら飼いたいくらい鳩とか好きです。多分、いま飼ったらモノの三分でうちの猫様に取り押さえられて、頸椎を息の根が止まる寸前で噛まれ、玩具として弄ばれながら生と死の境を行き来しつつ仏様になるのが関の山でしょう。

♪今聴いてる曲♪
The Bell 『Do You Know How To Feel
Swedenのバンド。3年くらい前?New Waveっつ―ジャンルがにぎわっていた気がしますが、その頃をつい思い返してしまうような音楽。覚えやすいバンド名だし、是非この機会にMyspaceのチェックをば。Influencesを見ると本当イカニモ感。



ここ2週間、私が割と好きなテレ東の深夜映画番組枠シネ・ラ・バンバで渥美マリの映画を放送している。このまま渥美マリ特集でも放送してほしいんだけど(廉価になってる「でんきくらげ」希望)、どうやら来週はかたせ梨乃の「肉体の門」らしい。残念。だいぶ前から好きなのだけど、シネ・ラ・バンバの影響で渥美マリにますますハマつつあって、もう部屋一面彼女のポスターで埋め尽くしたいくらいゾクゾクしてしまう。かわいい。えっち。かわいい。えっち。かわいい。(は?)

演技は上手いし、目のやり方が凄く好き。先日放送していた「モナリザお京」が彼女の作品で一番好きかもしれない。大映時代では最後の作品だし、彼女の魅力が一番出ていると思う。かわいい。。「可愛い悪魔 いいものあげる」も好きだ。多分、渥美マリを見てる時の自分はオッサン目線になってる気がする。すごくオッサンぽく彼女を見てる。そういう面を私から引き出してしまうほど、妙な魅力があるんだよな・・・DVDボックス出してくれないだろうか。確実に買う。ファン垂涎だろう。

あと、この頃の大映映画(まぁ例として)の男優のダンディズムにも驚く!! 今だったら「うっげ―キザ!!」ってなりそうなラインを余裕で三段跳びして超えている!! あのカッコ良さは二度と日本が戻れないカッコ良さなんだ・・・なんで白いスーツを気持ち悪くないんだ?(今時白スーツなんてヤクザかホストくらいだ)何でトレンチ翻してもあんなに決まるんだ!? 分からない、でもとにかくカッコイイ。渋カッコイイ…ただ「仁義なき戦い」の菅原文太も、また違った意味で超越したカッコ良さ。なんなんだろう・・・その時代を生きてない私は懐古主義を名乗らないけど、なぜか戻れないあの時代(「古き良き」なんてぬるい言葉は似合わない)にたまらなく惹かれる。
PR
by Syamo Trackback(0) Comment(2)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
無題
by sho 2008.02.16 Sat 23:01 EDIT
自転車はサドルを高めに上げて、踏み込むときはペダルの回転軸上に母指球を置くくらいの位置にすると少ない力で推進力を得ることが出来ます。ちょっと体勢がきついかもしれないですが・・・。

昔本格的に自転車競技をやっていたので信じてよいと思います笑


すごい!
by しゃもじ 2008.02.17 Sun 08:38 EDIT
お~的確なご指導ありがとうございます!
面白半分で書いたんで、実際は割と上り坂いけちゃうときが多いんですけどね(笑)疲れてるときはヤバいんで、ピタッて止まんないように参考にさして貰います!!(笑)


自転車競技ですか!!
カッコイイっすね~
私、競輪選手みたいな太ももとか好きなんですよ―(え笑)めっちゃ細い人も好きだけど~(←聞いてない)

この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック