忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
百三十回目。

どうも。今日、塾の生徒に仮面ライダー電王のカードを貰いました、しゃもじです。今週2回も臨時で入れられてるんですよ。他の先生が病欠とかでさ、断れないよね。だから、5日連続。難点は、普段見ない生徒を見ることなんですよねぇ―今、試験とか入試でデリケ―トな時期なんで。っていうか、高三の受験生が一番心配でしょうがないんです。だって・・・滑り止めがないんですよ(泣)どうも、私立の高校言ってるんですけど、特別進学みたいなコースで(実は私の高校入試時の滑り止めだったとこ)、私が薦めた滑り止めの大学をどうも学校の先生が『お前はそんなとこ受けなくたっていい』って言ったみたいなんです。どうせ先生は自分の株を下げたくないからなんでしょうけどね。だから受ける大学は、M治大学T京理科大学R教大学A山学院大学J智大学なんです。まぁ、行けてギリA山かR教か。理系なんでT京理科大の英語なんてちゃんと勉強してたら簡単なんですけどね。今までの高校生活、英語をおざなりにしてて、高三になっていきなり私が担当するようになったので、責任が重く圧し掛かってます...理系は抜群にできるんで、英語で落ちるのは痛いですからね。頑張ってくれ!! 本当に!! (切実)

あと、昨日は生徒からバレンタインのチョコを貰いました!! やった―!! Gehehe・・・手作りチョコむちゃくちゃ美味かったですよ。売りもんより美味かった。まぁ、その子は本命の先生に渡すチョコのカモフラージュでくれたんですけど(笑)でも中に手紙が入っててね・・・

先生はお姉ちゃんみたいで、本当に大好きです!!』 

だって―!! か―わい―!! ハァハァハァ。萌えすぎてすみません。講師やってると良いこともあるもんですねぇ。あ、私も社員さん達に『お世話になってますチョコ』あげた方がいいんですかね?ま、あげませんけど(笑) 男性が、貰う前提になってるのがおかしいですよ。(か、可愛くない性格・・・)でも、貰えば嬉しいですよね。分かりますよ、うん。・・・つか、こんな風潮なくなっちまえよ!! 女は迷惑被って、男は惨めなだけだって。え?お前は分かってない?私の考えはジェンダー差別とかいうレベルじゃなくて、単に器用にカワイクそういうことが出来ないからなんです。私のジェンダー観は、一般の女子大生とは若干異なると思うし。うちの大学の子と話したら、ちょっと反発されそうなタイプかな、と。別に女はお茶汲みやってろなんてこれっぽっちも思いませんけどね(笑)ちょっと最近ありふれてるジェンダー差別論は女性に都合が良い気がしてるわけです。アファーマティブアクションとか意味分かんないですよね。ここで持ち出すのも可笑しいかもしれないけど。とにかく、バレンタインデーは男性に都合が良すぎると思うわけです。もし、私が男だったら?そりゃもちろん欲しいですよ。ゲタ箱から雪崩が起きるぐらいにね(笑)

♪今聴いてる曲♪
The Receiving End of Sirens Planning a Prison Break
曲は5分と長いのですが、変化の付け方がうまいので長ったらしくないんですよね。他の曲もそう。



いや、別に全然普通のことなんですけどね。

Jimmy Eat WorldBritish Anthemsのチケット買ったよ―!! Yatta!! JEW、売り切れたかと思ったよ。良かった―・・・渋谷AXだもんね。デカイもんね。でも、もう揉みくちゃのボロ雑巾になるのは耐えられなそうなので、結構後ろで閲覧することになりそうです。楽しみ!! British Anthemsはね・・・何で買ったのかな。どっちかっていうと、Punk Springの方が気になってます。Motion City SoundtrackとCartelも本当に見たかったんだけど、ビートクルセイダーズが参戦って聞いて諦めました。そっちのファンがたくさんきそうだから。だってチケットが大変なことになってるって聞いたよ。「Motionって何?Cartelって誰よ?」っていうビークルファンがいっぱい来るって・・・マジ無理ですわ。別に日本のバンドは良いんだけどさ・・・ビークルは好きじゃないです。ヒダカさんの歌声が本当に嫌いです。ごめんよ。だから諦めるよ。ってまぁそんなに行く気なかったけどね―強がりじゃないよ―(笑)愛しのウィルポン!!

Cartel

PR
by Syamo Trackback(0) Comment(0)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック