忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
四十回目。
本当に書きたかったことを今から書きたいのだけど、書きたいと思った瞬間に書かなかったので、鮮度の欠ける文章しか書けない気がしてます。だから、書こうと思ってたこととはちょっと違うけど書きます。

  Flicker Flicker  Flicker Flicker 

今日、ある授業で先日開かれたうちの学園祭の人気企画について先生が触れてました。この企画は、分かりやすいように名前も出したいのですが、以前某男性向け週刊誌に連載されている某人気漫画にも取り上げられていたので、さすがにどうかな―と思い名指しは控えます(笑)万が一、分かっちゃった人はコッソリとニヤついて下さいね。
さて、この企画を簡単に説明すると・・・

①学園祭に来校した男性が参加します。
②参加する男性は受付を済ませ、自分の写真をポラロイドで撮って貰います。
③ポラロイドに携帯のメアド等を記載します。
④そのポラロイドをうちの学生が専用の掲示板に貼ります。
⑤うちの学生たちが掲示板に貼られた大量の男性ポラロイド写真の中から、パッと見でお気に入りのものをプロの百人一首さながらのスピードでむしり取ります。
⑥うちの学生が、男性の連絡先に連絡をする・・・

あとは各自それなりのドラマがあったりなかったりするのでしょう。とりあえず、これが結構な人気企画らしいです。私はこの掲示板の場所すら知らなかったのですが(笑)ちなみに選ばれずに残ったポラロイド男性は、数日間にわたって放置され、顔出し個人情報大放出の状態で晒し者になります。こうなったら、むしろ勇者として称えるべきです。

いわば『女性が男性を選ぶ時代』がこんなカタチでうちの大学にも現れたということでしょう・・・まるで、いかがわしい広告の決まり文句のようですね(笑←これも分かる人だけニヤりとして下さい)まぁ、少なくとも、私の友達は2年連続でポラロイド男性に連絡を取ってます。(去年はうまくいかなかった様子) それは個人の自由だから良いんです。ただね、私が納得いかなかったのは、私がその友達に先週メールで連絡したのに返事が全く来なくて、忙しいのかな―って思っていたのに、そのポラロイド男には連絡してたってこと。これが、ちょっとムッと来てしまったわけ!ここ最近精神的に参ってて、どうしても会いたかったのに私の連絡そっちのけで、ポラ男とは連絡取るのかよ―みたいな。私も子どもっぽいですけどね。女の友情なんて、こんなもんか・・・(笑)

追記は抽象的過ぎる独り言。

あ―これもまた書きたかったことと違うじゃん!なんで書けないの。ブログを愚痴のはけ口にするのはいけないという気持ちが先立って、何を書くにも躊躇ってしまう。ネガティブなことを書きすぎるのは良くないって思う。でも、誰かに聞いて欲しいのに、今はその「生身の誰か」がいない。いや、聞いて欲しい人もいるけど腹割って話せるほど、私は心を開けないし、迷惑だし・・・どうしようもなく、毎日が寂しくて変えてゆきたいのに、何で前に進めないんだろう。小さなSOSに気づいてくれるほど、他人って敏感じゃないんだなって分かったんだから、もっと私が素直になればいいのに。でも、私がつまらない意地と恥を捨てた瞬間に、後戻りできないところまで行ってしまいそうだ。

つっかえ棒が欲しいだけ?

ゆっくりと落下してくのが分かってはいたんだけど、今日遂に地面に叩きつけられてしまった。崩れる寸前のジェンガみたいな弱い自分・・・くそみたいに子どもだ。自立への焦燥と、孤立への恐怖が入り混じってる。でも今私が直面してる「戦い」の経験は絶対に将来の私を正しい方向へ導いてくれるって確信が持てるから、なんとか頑張れる。頑張れ・・・もうそんなに長くない。だから頑張れ・・・

難しいんだよな。言葉に表すの。私が苦手な3年B組の某担任は、『人』という字は2人が支えあってるとかなんとか言ってたけど、今の私には一人の「人」が一生懸命片腕で腕立て伏せしてるみたいに見えるな。あの『G.Iジェーン』のデミ・ムーアみたいにね(笑)でも世の中の人って、みんなこうやって一人で戦ってるんだろうな・・・私も腕力鍛えないと。でも、たまにはその腕に、誰かがつっかえ棒を入れるように支えて欲しいとは思う。絶対的なつっかえ棒を絶妙なタイミングで(笑)・・・甘ったれだな、私って。一生治んないや。

だけど。
今日コッソリ泣いたことは秘密。

でも、涙って自分に正直だ。
どんなに自分に嘘ついても、こればっかりは欺けない。
PR
by Syamo Trackback(0) Comment(0)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック