忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
九十二回目。

塾の冬期講習で国語を教えていると、「説明的文章」の問題が出てきます。要するに小説じゃなくて、論説文なんですけど、生徒はコレがとてつもなく苦手で、読んでもさっぱり理解出来ない子に教えるのはなかなか大変。昨日、『先生わかんないよ―』と言ってきた子が読んでたのは養老孟司先生の文章で、私からすればだいぶ養老さんの書かれる文章は読みやすいので(読みやすいのと分かりやすいのは違うけど)ヒィヒィ言ってる生徒に教えつつ、興味深く読んでました。

で、こんなのは前置き。そんな養老さんが「『たばこの害根拠なし』『禁煙運動はナチズム』」とおっしゃったそうな。あの人らしいと云えばらしい、過激ぶった発言ですよね。(過激にするのは言う側ではなく、捉える側だから) 私はたばこは嫌いだけど、禁煙運動は別にそんなに熱くならなくていいんじゃないかなって思います。普段から『たばこよりマリファナの方が良いんじゃね?』と勝手なことを言いまくってる私ですけど(実際に依存性の低いマリファナは米国でも一部の州では痛み止めなどの医療用に使われてますが)、父が喫煙者です。いや、実際に父が吸ってる場面は一度も見たことがないんですけどね。

父は高校の時に、コッソリたばこを吸ってる場面を母親(私の祖母)に発見されて、『そんなに吸いたきゃ、堂々と吸いな!!』と言われ、口にひと箱丸ごと突っ込まれたうえに火をつけられて以来、恐くて吸わなくなったらしく、もともとは喫煙してなかったんです。でも、つるむ仲間がヘビースモーカーだったため、10年前からコソコソと陰で吸っていたようです。良い大人が「友達の煙がついた臭いだから」という嘘までついて、非喫煙者ぶってた理由はよくわかりませんけど、母は「たばこ吸わないのだけが良いとこだと思ってたのに、離婚しない理由がなくなった」と言ってました(笑)半分くらいは冗談ですけどね。私は中学生のあたりから、父のタンを吐く癖を見て「本当は吸ってんだろうなぁ」と気づいてました。(あと「おやすみのチュー」でも分かった:笑)

先ほど述べた父方の祖母も実は喫煙者で、それもチェーン。早く亡くなった原因の一つに喫煙による血管詰まりがあるらしいって話。でも、戦前ヤンキーだった彼女は地元でトップレベルの高校に通っていたのですが、屋上で喫煙してるのを教諭に見つかり停学になったという話を聞いてます。それを聞いた私は異常に「カッコイイ!」と興奮してしまいました。ちなみにその高校は今でも私の地元では早慶上智に国公立は当たり前の進学校なので、当時は女性が通っていただけでも凄かったんじゃないのかな。まぁ、たばこの背徳的なイメージに、吸わない私もどこか魅力を感じてるんでしょうね。それに、映画からたばこをとったら何が残るのさ。タバコ片手の数々の芸術的なシーンを走馬灯のように回想できるし、ボギーの魅力を最大限に引き出してくれた。タバコなしではジム・ジャームッシュは何も創れなくなる。それに市川昆とタバコは切り離せない(笑)あ、小松左京もね。つまり芸術にタバコは大いに貢献してくれてるわけで。ありがとうタバコ。

でも、別にタバコを賛成してるわけじゃない。煙は臭いし、頭の血管が細い私は頭痛持ちで、副流煙による血管の収縮ですぐ頭が痛くなる。それに眼はシパシパするし、光化学スモッグと大差ないほど嫌な被害を受けてます。それにタンを吐く人は気持ちが悪い。ただ、吸いたい人は吸えば良いし、その人の健康を気遣うほど暇もない。勝手にすればって感じですけど、やっぱり迷惑になることは困る。だから喫茶店でも、吸う前に「いいかな?」って断りを入れてくれて、煙が当たらないように吐く時に顔を背けてくれると素敵。(できれば禁煙席を選んでほしいかな)とにかく、禁煙者が権力者のように支配的に押し付けるのはいけないなら、喫煙者も「僕は癌になっても気にしないから」という文句で吸う意思を表明するのもどうだろう。どっちもどっちなので、養老さんに賛成は出来ない。非喫煙者が奢ってるように感じる面も多少はあるけど。ちょっとこの禁煙運動には「あ、UFOだ!」みたいな感じがします。他にもっと目を向けることがあるのに、逸らさせてるような…『とりあえず喫煙者を責めれば良いんだよ』という感じか。悪者を創ってるのは誰なんでしょう。

まぁ、日本は「喫煙反対」がまだまだ甘い方だと思うけど、寒々しい駅のホームの一番端の喫煙コーナーで、赤の他人がまるで同胞の方に寄せ集まって喫煙する様子を眺めると、妙に寂しい気持ちになってしまって、これ以上厳しくなることは必要ない気がする。

PR
by Syamo Trackback(0) Comment(2)
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント
サンキュー・スモーキング。
by こぶ 2007.12.30 Sun 17:20 EDIT
しゃもじさん、おじゃまします。
養老さんの記事、偶然ワタシも読んだばかりでした!
ワタシは喫煙者の立場では、何を言っても悪あがき的になっちゃう風潮が嫌だなーと常々思ってるんですけど、この記事はニヤっとしながら読みました。

しゃもじさんの文章、すごくイイ!
このエントリも、勝手にどっかに発表したくなっちゃうくらいイイ!
しかし、お父さん喫煙者なのに娘さんにその姿を見せたこと無いってすげー。
ワタシはいっつも娘に怒られます。
とほほ。

サンキュー・コブシャン!!
by しゃもじ 2007.12.31 Mon 00:16 EDIT
コメントありがとうございます!!
まさか見ていただけると思わなかったんで、ものすごい興奮しましたよ(笑)

そう、別に吸うことが悪いんじゃないのに、何か非喫煙者が上から見下ろすような言い方で偉そうなんですよね。

え―!こんなつたない文章をイイだなんて(恥)
お・お世辞でも感動ですよ(泣)ああ、2008年もおかげさまでいい年を送れそうです・・・☆(笑)

父の喫煙は今では黙認状態ですが、何故か今でも非喫煙ぶってるんですよね~なんなんですかね?別に「子供に悪影響が…」とかいう気持ちじゃなさそうなので、単に祖母に後ろめたいだけなのかも?(笑)

この記事にトラックバックする
この記事へのトラックバック